① 萎縮性膣炎( 61才・女性 )


萎縮性膣炎 漢方体験 デリケートゾーン  

 都内在住、61才・専業主婦の方のご相談です。52才の閉経後、数年が経つ頃から、デリケートゾーン(膣部)の乾燥感と、むず痒さで悩み始める。

 

 大学病院に通院するものの、中々症状が改善せず、漢方で何とかならないものかと、遠方から問い合わせを頂き、今年始め頃に相談に訪れた。

 初回相談時は口数が少なく、詳しい症状までは把握できなかったが、これまで病院では膣の洗浄と、女性ホルモン剤(膣錠)中心の治療を行ってきた。

 

 時に抗生物質の服用指示などもあったとのこと。投薬中は一時症状を抑えこめるが、程無くしてまた再発の繰り返しで、体力的またメンタル的にも、しんどい日々を送っていたという。

① 漢方薬


 萎縮性腟炎は、卵巣機能が低下する閉経前後~更年期の女性に多く、女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、腟粘膜が萎縮して発症する。

 また腟内のpHが上昇して、酸性からアルカリ性に傾き、自浄作用が低下するため炎症が頻発する。

 

 ご婦人の場合、不正出血はなかったが、腟や外陰部の痒み、乾燥の他、不定期で臭気を伴う淡黄色のおりものがあった。

 一部で報じられる女性ホルモンの発癌性などを懸念し、一昨年前から自然療法に興味を持ち始める。

 その間、病院から血の巡りと水分代謝を促す当帰芍薬散を2ヶ月分処方されるも、ほとんど改善がみられなかったとのこと。

 

 漢方的に炎症の背後には、「血(けつ)」による滋養低下と、「津液(しんえき)」による潤い不足が隠れているケースも多い。

 膣の乾燥(ドライバジャイナ)他、ドライシンドローム(ドライアイ、ドライマウス、ドライスキンなど)に対し、漢方・中医学の力が発揮される場面も少なくありません。

 

 ご婦人の場合、主訴以外に、日常的に目の乾燥感(ドライアイ)でもお悩みでした。

 漢方で、質の良い血液を増やす婦宝当帰膠と、炎症防止と潤い強化に亀鹿二仙膠を、以上2種類の漢方薬を組み合わせ、ご案内致しました。

萎縮性膣炎 漢方体験 ドライアイ

 ある漢方医の言葉に、気の改善は3週間、血の改善は3ヶ月、体質改善は3年とある。「血の道」に通じる骨盤内の症状ゆえ、まずは近い目標で、3ヶ月は頑張ってみましょうとお伝しました。

 

 ご婦人にとって今回の処方は結果、更年期対策も兼ねた、一石二鳥となったようご様子です。

 既に漢方服用開始8か月が過ぎますが、以前よりも疲れにくくて肌艶もよく、ご本人曰く「お陰様で、近頃おばちゃんパワーを発揮できてるかも!」との嬉しいご報告。

 味も不味くないし、漢方の服用が朝晩楽しみで、習慣として定着しつつあるようです。

 

 お孫さんの世話や、家の用事が立て込んで、ストレスや寝不足の続く際、一時むず痒さが再燃しそうになります。

  しかしここ数か月、症状に多少の波はあるものの、以前のような下着のこすれるような嫌~な違和感と、乾燥もずいぶん和らいできたそうです。

 何よりこの半年、病院まで出向くこともなくなったとのことです。

 

 何事も継続は力。コツコツ続けること、大切ですね!

萎縮性膣炎 漢方体験 皮膚乾燥 バリア機能低下
萎縮性膣炎 漢方体験 皮膚バリア強化